伴の町(ばんのちょう)

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

今日は、宇和島の横丁「伴の町ばんのちょう」です。

伴の町ばんのちょうは、現在の宇和津町2丁目になります。

旧町名は、一宮下いっくしたとなります。

正面に見えるのが、伊達家の菩提寺ぼだいじ、「龍華山等覚寺りゅうげさんとうがくじ」です。

伴の町1

この細道を入って行くと 一宮下いっくしたの名称碑が建っている場所になります。

伴の町2

旧藩時代に伴氏居住地から呼称された横丁とのことです。

伴の町3

古い地図を見ると「伴の町」の横丁の両側に「弓クミ」と書いてあります。

スポンサーリンク

弓組の武士が住んでいたのかもしれませんね。

その右隣りに「鉄砲与」と書いてありますが、これは「鉄砲与力」という意味でしょうか?

古い地図

ちょうど正面が、一宮様になります。

伴の町4

下の写真正面突当りを左へ行くと金剛山大隆寺こんごうざんだいりゅうじです。

伴の町5

今日の「宇和島の散歩道」は、「宇和島の横丁名伴の町ばんのちょう」のお話でした。

[宇和島市「伴の町ばんのちょう」場所付近地図 Simple Map]
伴の町 地図

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

4 thoughts on “伴の町(ばんのちょう)

  1. 一宮様側の出口は、お店屋さんでした、よく通りましたが横丁の名前は知りませんでした。

高橋真慈 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です