宇和島の島嶼部(とうしょぶ)の方言「わいご」

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の島嶼部とうしょぶ方言は「わいご」です!

「わいご」は、わかりますか!

「わいご」は、聞いた事はありません。

「わいご」は、「わきが」を意味します。この方言を使っている場所は、日振島と遊子になります。

「日振島【〇】」「戸島【×】」「遊子【〇】」

使用例は、「われの わいごは臭い!」ですね。

スポンサーリンク

意味は、「おまえの わきがは臭い!」です。

「わいご」は、ご存じでしたか?

Facebookのお友達のHideki Wansa Kajiwaraさんからのコメントです。
きのうのと同じなものが音変化しているという感じでしようか。
漁師さんは風邪やエンジン音の雑音の中で船どおしで会話する事があり、本人たちが普通に費用順語を話していても訛って聞こえることがあります。 そのちがいの見極めのために文字に欠かすことが必要だと思いますが・・・

Facebookのお友達の久松 尚さんからのコメントです。
はい、私には通じません。

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の島嶼部とうしょぶ方言は「わいご」のお話でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です