宇和島の方言「じゃみ」

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

宇和島の自然と文は化

今日の宇和島の方言は「じゃみ」です!

「じゃみ」わかりますか?

これは、聞きますね。

釣りをされる方なら使われるのではないでしょうか?

宇和島の方言で「じゃみ」は、「雑魚・小魚の煮干し(じゃこ)」を意味します。

使用例は、「じゃみに 餌ばっかりとられて釣れんぞ!」ですね。

意味「小魚に餌ばっかりとられて釣れません!」

スポンサーリンク

今日の耳より情報
Facebookのお友達の平井忠司さんからのコメントです。
チリメンの事も、じゃみと呼んでます👍

Facebookのお友達の林 由美さんからのコメントです。
「ジャコ」は分かりますが「ジャミ」は⋯(๑˙―˙๑)?

Facebookのお友達の山本真仁さんからのコメントです。
これは言います!が、生や釜揚げには使いますが、干したのには使いませんね。

Facebookのお友達の中藤和典さんからのコメントです。
確かに餌とりの小魚のことをこう呼ぶようですが、サビキ釣りの餌の小えびをジャミと教えられ、下かごをジャミかごと思い込んでいました。(笑)

Facebookのお友達の小西奉文さんからのコメントです。
センチメンタル「ジャミ」
私も魚釣りの餌のボイルエビ(沖網)を「ジャミ」と言います。

Facebookのお友達の正宏岡さんからのコメントです。
私も、撒き餌にするオキアミやチリメンジャコをじゃみと言ってました、

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の方言「じゃみ」のお話でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です