宇和島の方言「せいらしい」

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の方言は「せいらしい」です。

昨日の記事の「おせらしい」とは、またニュアンスが違ってきます。

「せいらしい」は、どう表現していいのかちょっと悩みました。(^^;)a

子供が成長ししっかりしてきた事を褒める言葉と言ったらいいのかなぁ。

「せいらしい」の意味は、「立派りっぱ」という表現でいいかなぁ。

使い方としては、「せいらしいなぁ」とか「せいらしゅうなって」ですね。

「立派やなー」「立派になって」という事ですね。

今回の「せいらしい」は、どうも説明が難しいです。何か他に良い説明の仕方がありましたらご教授下さい。(^^;)

スポンサーリンク

Facebookのお友達より色々とアドバイスがありました。

「せいらしい」は、「頼もしい」という意味。

「せいしい」は、「甲斐がある」「成果がある」という時に使っていた。

「せいらしい」と「おせらしい」の違いは、

「せいらしい」は子供が一生懸命何かをやっている(たとえばお手伝い)とき使われていたと思います。

「おせらしい」は姿形を含め依然見かけたときより大きくなったとき使ったように思います。

またこちらのコメントでも「せいらしい」の使用例を紹介されています。1件のコメント

今日の「宇和島の散歩道」は、「宇和島の方言「せいらしい」」のお話でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2 thoughts on “宇和島の方言「せいらしい」

  1. うちの方では
    誰誰に何かしてあげても【せいらしいわ】
    って感じで使ってます。
    何かしてあげても やりがいがある
    やったかいがある  みたいな使い方かな(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です