宇和島の方言「てみず」

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

宇あ和島の自然と文化

今日の宇和島の方言は「てみず」です。

「てみず」は、わかりますか。

「てみず」は、わかりますね。でもここで説明されてる事がよくわからない(^^;)

「てみず」は、「餅をつく際のこねどり」の意味です。

使用例としては、「!」

意味は、「!」

 

スポンサーリンク

「てみず」は、ご存じでしたか?

Facebookのお友達の西田 知史さんからのコメントです。
餅つきをするときにてどり(うすどり)をするときに使う水(お湯)のことだと思います。

Facebookのお友達の小西奉文さんからのコメントです。
「手水」は、餅を突くときに杵や臼に餅がくっつきますから、手に付けてから餅の「手取り」する水(お湯:餅米蒸してる時、上に鍋かけて沸かしてる)です。

Facebookのお友達の林 由美さんからのコメントです。
これは知ってました🎵

Facebookのお友達の Hideki Wansa Kajiwara  さんからのコメントです。
標準語ですね。
辞書に「餅 (もち) つきのとき、捏 (こ) ね取りが手に水をつけて餅を湿らすこと。また、その水。」と書かれています。

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の方言「てみず」のお話でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です