宇和島の方言「ばりばりしば」

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の方言は「ばりばりしば」です。

「ばりばりしば」は、わかりますか。

「ばりばりしば」は、知りませんでした。

「ばりばりしば」は、「柴のよく燃えるもの」の意味です。

使用例としては、「ばりばりしばを 集めてくれ」

意味は、「柴のよく燃えるものを 集めてくれ」

 

スポンサーリンク

「ばりばりしば」は、ご存じでしたか?

Facebookのお友達の小西奉文さんからのコメントです。
🤔言わないです。
漫画のバリバリ伝説😁の
バリバリはニュアンス違うし。

Facebookのお友達の松本 敏幸さんからのコメントです。
伝説になりそうなくらいの柴やない‼️😆

Facebookのお友達の児島努さんからのコメントです。
バリバリ伝説なら知ってる(=_=)

Facebookのお友達の Hideki Wansa Kajiwara さんからのコメントです。
なんかわりと最近聞いたことがあるぞと思い調べ直したら、トベラという低木の植物のことで、松山空港の周辺にあったのを撮って投稿したら、これを節分の飾りにするというコメントをもらい調べていたときに八幡浜ではバリバリシバと呼んで飾りにしたり豆を煎るときに使ったそうです。
八幡浜から来た人とかが使ったのが一部の人に伝わったのではないかと思います。 宇和島弁ではないかも。

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の方言「ばりばりしば」のお話でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です