宇和島旧町名

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

旧町名 備考 名称碑
1 竜華前りゅうげまえ
200
この「龍華前りゅうげまえ」の呼び名は、龍華山等覚寺りゅうげさんとうがくじの門前にあたることが町名の由来で 旧藩時代には、下士層かしそう(御小人組おこびとぐみ)などが、居住した町であったようです。古くは、「龍華前通りゅうげまえどおり」ともいわれていました。
竜華前りゅうげまえ名称碑は、撤去されて移転場所が見つかるまで市役所に保管されてる。
2008年龍華前名称碑アップ
2 一宮下 いっくした 宇和四群の総鎮守そうちんじゅであった宇和津彦神社は、一宮様いっくさまとも呼ばれその境内の下にあることが 町名の由来。 一宮下 名称碑アップ
3 鋸 町おがまち  当時、下士層かしそう(鉄砲組)などが居住し、既に鋸町おがまちとよばれていたそうです。以前は、木挽職人こびきしょくにんが多く彼らが使用する「のこ」大鋸おがが、由来するとも大鋸屑おがくずが、山積みされていたのでこの名前が付いたとも言われているそうです。  名称碑 
4 大工町だいくまち  大工町の由来は、宇和島藩御作事奉行おさくじぶぎょう配下の大工職人が、多く居住していたのでこの名前が付いてそうです。
その後職人や雑業者が、居住しさらに商業地となったようです。
大工町名称碑 アップ
5 樽屋町たるやまち

元禄頃の記録では木挽町こびきちょうとありますが、後に樽屋たるやが多く居住したので樽屋町たるやまちと改称されたといわれています。

そして小字こあざの風呂屋横丁は、通称として現在も残っているそうです

スポンサーリンク
 樽屋町名称碑 アップ
6 大石町おおいしちょう (おいしのちょう)とも言われ伊達家入部以前、宇和島城下の町造りの際に 地中から大石が多く掘り出された事からこの名が付いたと言われています。 なお 古くは、板島丸串城の外郭がいかくでもあったそうです。 大石町名称碑 アップ
7 鎌原通 かんばらどおり  鎌原通は、旧藩時代には、上士層の屋敷町でありました。藩の御物頭おものがしら鎌原五右衛門の屋敷があったのでこの名前がついたといわれています。 鎌原通 アップ
8 中  町なかのちょう  中町なかのちょうは、上士層の屋敷で 広小路ひろこうじ鎌原通かんばらどおりの間にあることからこの名が付いたと言われています。
明治から昭和にかけて商業学校、紙幣工場、武徳殿ぶとくでんや諸官庁がありました。
中町名所碑 アップ
9 大榎通おおえのきどおり (おいのきどおり)
この辺りは、板島丸串城の外郭にあたり堀がありそこの土塁に榎が植えられのちに大榎になったことが前の由来。
大榎通 アップ
10 追手通おうてどおり  追手通は、宇和島城の正門である追手門(御多門おたもん)に由来するそうです。旧藩時代には、城堀に沿う片側町で船着き場もあったそうです。明治に到り堀は、埋め立てられその後市街化し賑わっていましたが、戦災で大部分焼失しました。 追手通 アップ
11 堀端通 ほりばたどおり  堀端通は、宇和島城を取り囲む城堀に沿う片側町でありました。明治43年に堀が埋めたてられましたが、町名は残りました。幕末には、神尾かみお宍戸ししど桜田さくらだ松根まつねなどの上士層の屋敷が連なっていたそうです。  堀端通 名称碑
12 富澤町とみざわちょう 富澤町とみざわちょうは、旧藩時代、御殿医冨澤とみざわ氏が居住していたのでこの名がついたと言われてるそうです。
かつてシーボルトの娘イネが、村田蔵六むらたぞうろくの指導を受けるため居住した町ともいわれているようです。
 富澤町 名称碑 アップ
13 本  町 ほんまち  本町は、旧藩時代の城下の町屋の中心で 一丁目から五丁目までありました。
「本」とは、根本の意で商業地の中核として発展しました。
 本町 アップ
14 袋  町ふくろまち  袋 町ふくろまちは、藩政時代、大手通おうてどおり竪新町たてしんまち本町ほんまちと城堀に囲まれ袋の様に行き止まりになっていた事からこの名がついたそうです。  袋町名称碑 アップ
15 裡 町うらまち  裡町うらまちは、裏町とも書きます。本町に対して裏の町という意味で旧藩時代には、北の番所が置かれていたそうです。一丁目から五丁目まであり小字こあざ六兵衛坂ろくべいざかは通称として現在も残っています。  裡町名称碑 アップ
16 北 町きたまち  北町きたまちは、辰野川中流の両岸に位置するこの町は、旧藩時代、吟味役所などがあり北の足軽組が、居住したのでこの名がついたといわれているそうです。  北町 名称碑 アップ
17 龍光院前りゅうこういんまえ  龍光院前りゅうこういんまえは、宇和島城の鬼門封じの祈願所として建立された臨海山龍光院りんかいさんりゅうこういんの前に位置するのでこの名がついたといわれているそうです。旧藩時代には龍光院裏番所もあったそうです。  龍光院前 名称碑  アップ
18 向新町むかいじんちょう  向新町むかいじんちょうは、旧藩時代、辰野川を隔てて横新町の対岸の埋め立て地に足軽組が居住していたそうです。横新町の川向うに位置していましたのでこの名がついたといわれているそうです。  向新町 名称碑 アップ
19 舟大工町ふなだいくまち 船大工町ふなだいくまちは、旧藩時代、千石浜と呼ばれ後にお船手へ通じる海岸の道沿いに片側町ができ そこに船大工職人が多く居住してのでこの名がついたといわれているそうです。 船大工町 名称碑 アップ
20 薬研堀やげんぼり  薬研堀やげんぼりは、旧藩時代 浜御殿の南に位置するこの地には、堀や馬場があったそうです。その堀や馬場が、薬研に似ていたのでこの名が付いたと言われている様です。  薬研堀 名称碑 アップ
21 竪新町たてしんまち 竪新町たてしんまちは、旧藩時代辰野川たつのがわの河口につくられた新町で 袋町ふくろまちに縦(たて)に繋がって造成された町という意味だそうです。かつては城堀(後の内港)に面していました。
辰野川たつのがわを文字って「たつしんまち」とも呼んだのでしょうかね?
 竪新町 名称碑アップ
22 横新町よこしんまち 横新町よこしんまちは、竪新町たてしんまちの北側に隣接する新町であるのでこの名がついたそうです。
かつては、堀末番所はりすえばんしょや船着場があり幕末には物産役所や融通会所が置かれていたそうです。
 横新町 名所碑 アップ
23 柳 町やなぎまち (※柳町は正式な町名では無く通称のようです。)
24 北新町きたしんまち  北新町きたしんまちは、かつては藤江の一部であり宇和島市街の北端に新しく形成された町という意味で名付けられたそうです。昭和7年の須賀川付け替えによって町の一部は川床となったそうです。  北新町 名称碑 アップ
25 湊町みなとまち  湊町みなとまちは、港町とも書くそうです。横新町よこしんまちの西方に接する埋め立て地で 宇和島湾にのぞんでいたので大正元年に湊町と名付けられたそうです。  湊町 名称碑 アップ
26 栄町さかえまち  栄町さかえまちは、宇和島市制施行前八幡村の一部だったこの地は、かつて藩の生産場があったそうです。市制施行後の大正11年、将来の発展を願って栄町とされたそうです。  栄町 名称碑 アップ
LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2 thoughts on “宇和島旧町名

  1. 旧町名をこうやって石碑にして残しているのは素晴らしい。災害に関連した町名などをむやみに新町名にして被害が大きくなった例が広島や鬼怒川などいくつもあります。

    1. キースさんへ
      コメントありがとうございます。
      昔の町名って 意味があって付けていましたよね。
      その名前を変えてしまうという事は、昔の人のメッセージが、未来へと伝わらなくなるという事もありますね。
      せめて碑を建てて伝えていく事は、大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です