宇和島の方言「おいこ」

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の方言は「おいこ」です!

「おいこ」は、わかりますか!

これは、「おいがけ」と言っていた様な気がします。

「おいこ」は、「負い篭・ねんねこ」を意味します。

使用例は、「寒いけんおいこしとけよ!」ですね。

意味は、「寒いからねんねこを羽織はおっときなさいよ!」です。

「おいこ」は、ご存じでしたか?

スポンサーリンク

Facebookのお友達の若下藤雄さんからのコメントです。
わかります😂

Facebookのお友達の藤田 佐由美さんからのコメントです。
二宮金次郎さんの
背中のが「おいこ」って いったんやなかったかなあ

Facebookのお友達の林 由美 さんからのコメントです。
言わないけど、わかります🎵

Facebookのお友達の小西奉文さんからのコメントです。
兄弟(兄妹)(姉弟)?(鏡台)の子供❓おいっこ。
ではなくても子供をおんぶする紐ですね。

Facebookのお友達の福井 ひとみさんからのコメントです。
おいこは、おんぶ紐の事かな。
寒い時にその上に掛ける服?羽織?をおいかけと言っていたような。。はっきりしないけど。( ̄▽ ̄;)💦

Facebookのお友達の正宏岡さんからのコメントです。
背負い紐かと思ったけど、寒いときに羽織る防寒具なんでしょうかね。

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の方言「おいこ」のお話でした。

スポンサーリンク

コメントを残す