宇和島の方言「おぶくれる」

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の方言は「おぶくれる」です!

「おぶくれる」は、わかりますか!

「おぶくれる」は、聞いた事ありませんでした!

「おぶくれる」は、「顔が腫れ気味になる」を意味します。

使用例は、「ちょっと おぶくれとらせん?」ですね。

意味は、「ちょっと 顔がはれぎみじゃない?」です。

「おぶくれる」は、ご存じでしたか?

Facebookのお友達の高橋 真慈 さんからのコメントです。
おぼくれる!なら使います。意味は同じです、例、お前顔が、おぼくれとるぞ

Facebookのお友達の林 由美さんからのコメントです。
これは、言ってましたね!!

スポンサーリンク

Facebookのお友達の山下 誠二のさんからのコメントです。
おぶくれる❓
おぶくれ❓
腫れる
膨れる

顔がおぶくれとる

これは使っていますよ
「おっとろっしゃー 顔がおぶくれとるなー」こんな感じで使っとるなぁ

Facebookのお友達の中藤和典さんからのコメントです。
「ふくれっつら」かと思いました。本当に腫れることなんですね(笑)

Facebookのお友達の山下 誠二のさんからのコメントです。
ふくれっ面も含めてます 説明不足でしたね🤣

Facebookのお友達の松本 敏幸さんからのコメントです。
聞いたことあるようなないような?自分は使ってません💦

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の方言「おぶくれる」のお話でした。

 

スポンサーリンク

コメントを残す