月別アーカイブ: 2019年3月

宇和島の方言「たろねこ」

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の方言は「たろねこ」です。

「たろねこ」は、わかりますか。

「たろねこ」は、聞いた事なかったです。

「たろねこ」は、「雄猫おすねこ」の意味ですね。

使用例としては、「あの猫は、たろねこやろか!」

意味は、「あの猫は、雄猫おすねこやろか!」ですね。

 

「たろねこ」は、ご存じでしたか?

Facebookのお友達の林 由美 さんからのコメントです。
「たろねこ」の響きは聞いてことあるような気がしますが、意味はわからないです🤔

Facebookのお友達の小西奉文 さんからのコメントです。
母にかなり高齢まで「たろちゃん」とからかわれておりんした。

Facebookのお友達の佐々木 正弘 さんからのコメントです。
さたくりねこ

Facebookのお友達の松本 敏幸 さんからのコメントです。
たろ猫は知りませんでしたが、メス猫を呼ぶオス猫の鳴き声を「た〜ろんた〜ろんいうて呼びよらい」とは親が言いよりました‼️🤣

スポンサーリンク

Facebookのお友達の藤田 佐由美 さんからのコメントです。
えっと
たろねこが よばいかけてきよる
ですね。

Facebookのお友達の山下誠二 さんからのコメントです。
たろ猫?😅 どら猫❓猫らしく無い振る舞いをする猫 例えば太り過ぎで寝るばかり⁉️違ったかも

Facebookのお友達の松本 敏幸 さんからのコメントです。
じゃ『タロイモ』って雌芋なのかも⁉️
よーけ子を産む母猫の事やない❣️🤣

Facebookのお友達の Hideki Wansa Kajiwara  さんからのコメントです。
メス猫は「はなねこ」なんかなw
なんとなく太郎花子という代表的な性別表現と関係ありそうですが、ホア源田はない気がします。(まつ(こ)ねこ)を追加しなきゃw
たまたま誰かそういったのをまわりの僅かな人が輪右舷と勘違いして流布したようなのかんぁ。
結構造語的なものもコレまで多く含まれているようなので。

Facebookのお友達の西田 知史さんからのコメントです。
自分の中では現役ですよ。

Facebookのお友達の正宏岡さんからのコメントです。
たろねこの三毛は、高く売れる。

Facebookのお友達の西田 知史さんからのコメントです。
いまだに見たことがないです。

Facebookのお友達の小西奉文さんからのコメントです。
三毛猫のオス、僕が子供の頃に宇和島か津島の海の方の人が、五万円で買うってうちに来たのが記憶にある。

村上 晃一
小西奉文 さんの家に三毛のオスがいたんですか!
ネコの遺伝子の特徴上ほとんどがメスでオスはめったに生まれないそうですね。

Facebookのお友達の小西奉文さんからのコメントです。
三毛猫のメス飼っていて、子供産むでしょ、だから三毛のオスが生まれたら、譲ってとさっきの話しになってたんです。結局、オスは生まれませんでした。

村上 晃一
ウィキペディアで調べたらオスの生まれる確率は3万匹に1匹程度だそうです。
またオスが生まれても生殖機能を持たない事が多いそうです。

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の方言「たろねこ」のお話でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク