日別アーカイブ: 2020年5月22日

宇和島の方言「ほけ」

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の方言は「ほけ」です。

「ほけ」は、芋焼酎ならわかりますが、他の意味ではしりませんでした。

「ほけ」は、「火気・湯気・白い息・芋焼酎」の意味です。

使用例としては、「ほけが、あるけん飲みにこいや!」

意味は、「芋焼酎があるから 飲みにおいで!」

 

スポンサーリンク

「ほけ」は、ご存じでしたか?

Facebookのお友達の Hideki Wansa Kajiwara  さんからのコメントです。
「火気(ほけ)」は標準語で「火の気(ひのけ)」「湯気(ゆげ)」のことです。
むしろ、芋焼酎を指して言うのは聞いたことが無いので、方言かどうかすら分かりません。

Facebookのお友達の小西奉文 さんからのコメントです。
ほけ、近所のあんちゃん作ったら飲ましてくれよりました。キツイよー。😁

Facebookのお友達の林 由美さんからのコメントです。
まったくわかりせん!

Facebookのお友達の高橋 真慈さんからのコメントです。
密造の芋焼酎!街では匂いが強く密造がバレるので山小屋等で隠れて造ってたらしいです。取締りは税務署がしてたと聞いてます、アルコール度数が高く燃えるらしく喉が焼けて声が酷くなるそうです今でも、お年寄りに聞くと死ぬまでにもう1度飲みたいという人もいました

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の方言「ほけ」のお話でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク