日別アーカイブ: 2021年2月7日

宇和島の方言「ゆのす」

【スポンサーリンク】
LINEで送る
Pocket

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の方言は「ゆのす」です!

「ゆのす」は、わかりますか!

「ゆのす」は、聞いた事ありませんでした。

「ゆのす」は、「柚子ゆずの小型」を意味します。

日本では古くから「柚」、「由」、「柚仔」といった表記や、「いず」、「ゆのす」といった呼び方があったようです。

使用例は、「」ですね。

意味は、「」です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

「ゆのす」は、ご存じでしたか?

Facebookのお友達のKazuo Nishikawaさんからのコメントです。
車?。

Facebookのお友達のHideki Wansa Kajiwaraさんからのコメントです。
説明が間違っている気がします。
「柚の酢(ゆのす)」で、柚子を絞った汁のことです。
方言というか地方の産品で、高知の名産です。標準語では「柚子酢」と言います。 徳島の木頭町あたりの名産でもあります。 高知のお寿司はこれを使うため愛媛の人は酸っぱいと嫌う人が多いですが、私は大好きです。
出荷ばねになった小さいものなどが使われることから、説明文の誤解が出たのではないかと思います。

Facebookのお友達の松本敏幸さんからのコメントです。
Hideki Wansa Kajiwara さん
そうそう高知県の人も柚子の汁でお寿司を使いますよ。かじわらさんも書いてましたねね❣️😆

Facebookのお友達の小西奉文さんからのコメントです。
ゆのす、いのす、ゆずを絞った汁のことをそのようにも言いますよ。

Facebookのお友達の松本敏幸さんからのコメントです。
正確な方言というものがあるのか分かりませんが、これは正確には『いのす』ですね。鬼北町の道の駅森の三角帽子から日吉方面へ国道320号線を走り、永野市から出目に向かうと三間川に掛かる泉橋があり、渡るとすぐ左手に『いのすや』の看板があります。このお山は『松ヶ森城』という戦国時代の古城でもあり、松本さんや松永さんなど『松』が付くお名前の方も住んでおられますが、その中腹に『いのすや』という柚子を搾る工場がありますよ。だから鬼北の人らは大抵『柚子』の事は『ゆず』か『いのす』と言ってます❣️☺️

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の方言「ゆのす」のお話でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク