日別アーカイブ: 2021年2月13日

宇和島の島嶼部(とうしょぶ)の方言「あいご」

【スポンサーリンク】
LINEで送る
Pocket

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の島嶼部とうしょぶ方言は「あいご」です!

「あいご」は、わかりますか!

「あいご」は、聞いた事はありません。

「あいご」は、「わきが」を意味します。この方言を使っている場所は、戸島になります。

「日振島【×】」「戸島【〇】」「遊子【×】」

使用例は、「われの あいごは臭い!」ですね。

意味は、「おまえの わきがは臭い!」です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

「あいご」は、ご存じでしたか?

Facebookのお友達のHideki Wansa Kajiwaraさんからのコメントです。
説明見るまでは魚の名前で標準語だと思ってたら、全く意味が違うんですね。
これは聞いたことがないです。 実家のご近所さんが戸島出身なのですが、もう生なられたので聞いてみることも^^;
ちなみに九島も島語豊富ですよっ

Facebookのお友達のKazuo Nishikawaさんからのコメントです。
あいご。
🐟魚?。
ハングル語?。

Facebookのお友達の渡辺 重徳さんからのコメントです。
じゃんけんぽん。あいこでしょ。🤣
沖縄方言で「あいこー」と言えば「蟻」との事(方言の由来は「蟻ん子」から)。
以上、関係ありませんでした・・・「あいご」は「わきが」の事って想像もつきません🥳

Facebookのお友達の久松 尚さんからのコメントです。
これは記憶に有りませんね〜。

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の島嶼部とうしょぶ方言は「あいご」のお話でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク