日別アーカイブ: 2021年2月24日

宇和島の島嶼部(とうしょぶ)の方言「あぶせる」

【スポンサーリンク】
LINEで送る
Pocket

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の島嶼部とうしょぶ方言は「あぶせる」です!

「あぶせる」は、わかりますか!

「あぶせる」は、聞いた事ありませんでした。

「あぶせる」は、「浴びせる」を意味します。この方言を使っている場所は、日振島と戸島になります。

「日振島【〇】」「戸島【〇】」「遊子【×】」

使用例は、「水をあぶせる!」ですね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

意味は、「水を浴びせる!」です。

「あぶせる」は、ご存じでしたか?

Facebookのお友達のHideki Wansa Kajiwaraさんからのコメントです。
これは聞いたことがあります。 方言ではなくて古い言い回しだと思います。

Facebookのお友達の小西奉文さんからのコメントです。
浴びると被るはどちらも身体に水などを受ける意味ですが、被るは頭から全身にの意味合いが強いようですね。さて、あぶせる、が浴びせるの事ですか?なまっただけ?深い意味は感じないです。

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の島嶼部とうしょぶ方言は「あぶせる」のお話でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク