日別アーカイブ: 2021年7月10日

宇和島の島嶼部(とうしょぶ)の方言「めご」

【スポンサーリンク】
LINEで送る
Pocket

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の島嶼部とうしょぶ方言は「めご」です!

「めご」は、わかりますか!

「めご」は、聞いた事ありません。

「めご」は、「目かご」を意味します。

「日振島【️〇】」「戸島【〇】」「遊子【️〇】」

使用例は、「めごにミカンを入れる!」ですね。
意味は、「目かごにミカンを入れる!」です。
めご
「みしる」は、ご存じでしたか?

Facebookのお友達のHideki Wansa Kajiwaraさんからのコメントです。
目籠のことを「めご」ともいうので、たぶん方言ではないと思います。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

Facebookのお友達の小西奉文さんからのコメントです。
籠目、籠目、籠の中🧺の鳥🦅はいついつ出やる🎶の、籠🧺から?かな?

Facebookのお友達の増田松喜さんからのコメントです。
めかごの転換なんですね。そういえば、サツマイモを入れていた藁で編んだ入れ物を「ほご」と言ってました。

Facebookのお友達の増田松喜さんからのコメントです。
村上 晃一 さん 水ヶ浦のジャガイモの収穫に、今でも使っている人がいると思います。

ほご
写真:「ほご」 増田松喜さんより

Facebookのお友達の浜 勝利さんからのコメントです。
水ヶ浦では「ほごろ」で、普通は「ユグリ」と言いました。

Facebookのお友達の増田松喜さんからのコメントです。
浜 勝利 さん コメントありがとうございます🙏実は私の地域でも「ほごろ」です。「ゆぐり」は聞いたことありますが、、、、どちらにしても語源が気になるところです🤔

Facebookのお友達の増田松喜さんからのコメントです。
村上 晃一 さん 藁ですから、やわらかく作物には最適かと、、昭和初年頃までは自家製で作っていたようです。力のある人は一度にたくさん運べるよう大きめに作ったと、聞いています。

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の島嶼部とうしょぶ方言は「めご」のお話でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク