「宇和島の方言」カテゴリーアーカイブ

宇和島の島嶼部(とうしょぶ)の方言「よだつ」

【スポンサーリンク】
LINEで送る
Pocket

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の島嶼部とうしょぶ方言は「よだつ」です!

「よだつ」は、わかりますか!

「よだつ」は、聞いた事ありません。

「よだつ」は、「手間がかかる」を意味します。

「日振島【️〇】」「戸島【×】」「遊子【️×】」

使用例は、「よだつ料理!」ですね。
意味は、「手間のかかる料理!」です。
めご
「よだつ」は、ご存じでしたか?

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

Facebookのお友達の松本敏幸さんからのコメントです。
要立てる事は『ようだつ』とは言いますが意味的には違うんでしょうか?🤔

Facebookのお友達の松本敏幸さんからのコメントです。
要立てる事は準備する事や段取りを整えておく事の意味です😊

Facebookのお友達のHideki Wansa Kajiwaraさんからのコメントです。
「身の毛が・よだつ」という使い方はよくしますが、意味が違うし、「与奪」は与えたり奪ったりすることだから違うし・・・
宮崎の友達が、めんどくさいとか手間化がかかる時に「よだきい」と言ってましたが、そちらに意味としては近そうです。

Facebookのお友達の正宏岡さんからのコメントです。
私も、持ってます。
載ってる方言以外にも、沢山ありますね!

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の島嶼部とうしょぶ方言は「よだつ」のお話でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク