「宇和島城」カテゴリーアーカイブ

宇和島城・追手門

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

宇和島城の追手門は、その規模の大きさから、「十万石には過ぎた門」だといわれていたそうです。

大手門

 

追手門は宇和島城に残る数少ない建物として、昭和9年に天守と一緒に当時の国宝に指定されていたそうでその時も「すこぶる大である」と評価を受けていたほどだったそうです。

追手門は、城の正門という意味を持ち大手門とも書きますが、宇和島城の追手門は、やぐら門という形式の門となるようです。

ちなみに宇和島では、「追手門」を「おたもん」とも呼ぶ方もおられました。

実際に私も「おたもん」と言っているのを耳にしたことがありました。

これは多聞たもん(多門)から転じ多聞というのは、城の用語では石垣の上に築いた長屋造りの建物という意味だそうです。

絵図にも「御多門おたもん」と記されていている事からやぐらの部分のことを指して呼んでいたと推察できるようです。

櫓門やぐらもんは、言葉のとおり、門の上にやぐらを渡した2階建の城門で、そのやぐら渡櫓わたりやぐらと呼ばれていました。

当時の戦法では、絶対に破ることのできない究極の構えであったようです。
渡櫓わたしやぐらの窓から射撃し、門扉もんぴまで攻め寄った敵には、その頭上に開く石落いしおとしで攻撃出来るようになっていました。

また鯱瓦しゃちがわらを飾ることのできる格式の高い門でもあったようです。

宇和島城の追手門は、門の両側に石垣を築き、その上にやぐらを渡している構造でした。

スポンサーリンク

追手門追手門写真

その追手門の規模を示す昔の資料を見てみると

渡櫓わたりやぐら 桁行けたゆき 12けん 約24m
梁間はりま4間 約8m
高さ 4間5合 9m
石垣 高さ 2間6~8合 約5.2 ~ 5.6m
門扉もんぴ 3間6尺 約7.8m

その追手門も昭和20年7月12日の宇和島空襲で、焼失してしまいました。

もうあと一ヶ月ちょっとで終戦でしたのにホントに残念です。

そして、昭和24年にその指定が解除され、昭和26年には戦災復興のために市街地化され、その片すみに石垣に使われていたと思われる石が、記念碑としてひっそりと立っています。

今までここに記念碑があったとは全然気が付きませんでした(^^;)

追手門跡石碑2

追手門跡石碑1

追手門跡石碑 アップ

今日の「宇和島の散歩道」は、「宇和島城・追手門」のお話でした。

[宇和島城追手門跡石碑地図 Simple Map]

愛媛県宇和島市本町追手2丁目7-2

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 宇和島情報へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク